薬王寺 思い出リターンアクト 楓

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

薬王寺 思い出リターンアクト 楓 ご挨拶

東日本大震災から一年八ヶ月、法務・教化の合間を縫って被災地に入らせて頂く度に、都度、めざましい復興の足跡に感じ入る地域がある反面、一向に風景が動かない置き去りにされている地域も多々あり、まだまだ・・・と後ろ髪をひかれる思いで帰途につきます。政局にうつつを抜かしている行政の復興支援も、遅々として進みません。それどころか復興資金予算の被災地とは関係のない事業への流用には、民意を汲み取れない政治家の無神経さに憤りすら覚える昨今です。
が、それはそれ、なかなか被災地に伺えない状況の中、それでも何か支援は出来ないものかと思案をしていた矢先、日頃より当山青壮年会で微細にご協力下さっているれんげ氏(本人匿名希望)のご紹介で、被災地に始終入られ状況にお詳しい大久保卓勇氏とご縁を頂き今般“薬王寺 思い出リターンアクト楓”活動の運びとなりました。計画から準備に至る万端にご尽力頂いた大久保卓勇氏・れんげ氏には、ここに心から感謝申し上げます。今後はこの写真洗浄ボランティアに精通したお二人がリーダー・サブリーダーとして主導して下さいます。手狭な当山を融通しての活動となりますので週に1~2度の開催を考えておりますが、被災地支援を何かしたいお考えの方、1時間でも30分でも構いません。あなたのお気持ちとともに被災者の皆様の大切な思い出をお返しいたしましょう!
                
代表 鎌倉 薬王寺 第53代住職   大埜 慈誠
2012年11月15日



110402_094834b.jpg

津波で流され、汚れてしまった写真を綺麗にしたい。
津波の被害を目の当たりにした人たちの、そういった自然な気持ちが写真洗浄という活動につながってきました。
震災から1年と8ヶ月が過ぎても、発見され続ける写真や思い出の品の数々。
写真には、大切な人、ささやかな日々の暮らし、そして大好きな街の風景が写っています。
津波で傷つき、未だ持ち主の方の元へ帰れない写真に、あなたの優しさを少し分けていただけませんか?
私たちと一緒に、写真を綺麗にする活動をしてくださる方を募集しております。特別な知識や技術は何もいりません。今は岩手県陸前高田市の写真をお預かりしております。ぜひ参加をお願い致します。

リーダー 大久保 卓勇
2012年11月15日




活動日程、ご参加の申し込み、お問い合わせは、こちらの記事をご覧ください↓
http://yakuoujikaede.blog.fc2.com/blog-entry-2.html


7月までの予定掲載中です。5月より、休日の開催時間が変更になりますので、ご確認下さい。

スポンサーサイト

PageTop

7月14日(日)活動報告

昨年11月から8ヶ月の間、活動をしてきた楓も今日が最後となりました。

今日も本当に多くの皆さんが参加してくださいました。
午前は14名、午後は25名と最高の参加人数となりました。

解体したアルバムの表紙の仕上げ、校長先生の写真の修復、
アルバム作り、発送の梱包などに取り組んで頂きました。


午前の部
130714_115935.jpg

130714_120000.jpg

130714_120036.jpg


午後は主に撤収作業となりました。道具をそれぞれまとめて
整理していきます。ベテランさんがテキパキとみなさんに指示を
してくださり、また初めて参加された方も快く
取り組んでくださり、スムーズに進みました。

陸前高田市へ返却するダンボールは梱包が終わりましたが、
牡鹿町の小学校へお返しする写真はまだ作業が残っており、
後日発送することになってしまいました(すいません)


午後の部
130714_145230.jpg

130714_145311.jpg

130714_151757.jpg



恒例の、そして最後のミーティング。
遠くから、近くから。また老若男女問わず参加の皆さまから、
感想や想いを伺いました。

「また楓に行きたいと、思っていました」と、ありがたいお言葉も
頂きました。みなさんのお顔を見ていると、これまでの活動の日々が
記憶に蘇ってきます。
これまでに、のべ約790名の方が参加してくださり、約5100枚のお写真を
お返しすることが出来ました。

長きに渡り参加された皆様のご協力、支援を頂いた団体の皆さま、
そして私たちを信じて、大切なお写真を預けて下さった岩手県陸前高田市や
宮城県石巻市牡鹿町の皆さま、本当にありがとうございました。

東北の支援というボランティアを通じて、逆に私たちは
素晴らしい人たちと知り合い、絆を作ることが出来たと思います。

「関わり続けていかないと、人間だから記憶が薄くなってしまう」と、
以前参加された方がおっしゃっていました。

震災から2年と4ヶ月が過ぎましたが、神奈川、鎌倉だけではなく愛知をはじめ
全国の、沢山の人たちが何か力になりたいと思い続けている。
どうか、東北の皆さんに、その想いが届きますよう。
そして、お写真が持ち主の方の手元に帰り、明日への希望へと
つながっていくことを願っております。

皆様のご健勝とご多幸、そしてまた再会出来ること願いをつつ、
これまで本当にありがとうございました。

薬王寺リターンアクト楓 リーダー 大久保 卓勇

PageTop

参加者の皆さまへお知らせ

昨年の11月から活動を始め7ヶ月が過ぎました。
これまで多くの方々のご協力で、活動を続けて参りました。

主に支援を続けてきた岩手県陸前高田市の写真は、ほとんど
洗浄を終えて、持ち主の方へ返すという活動が主になっています。

現在、楓でお預かりしているお写真も少なくなり、お寺の夏の
業務も繁忙となることから、7月14日(日)の開催日をもって
活動停止とさせて頂きます。

これまでご協力頂いた皆様に、心から感謝するとともに、告知が遅れてしまったこと
お詫び申し上げます。

今後の方針等、決まり次第ブログにて報告して参りますので
よろしくお願いします。

大久保

PageTop

7月14日について

7月14日は定員がありません。

人数を気になさらず、いらっしゃれる方はエントリーして下さい。

また、終了後、1時間~2時間ぐらいは反省会&お茶会をしております。
終了後でも、いらっしゃれる方はどうぞお越しください。


れんげ

PageTop

7月10日(水)の活動報告

楓の活動も残すところあと二日となりました。
初参加の方、常連の方、スパイな方・・・今日も沢山の方が
来て下さいました。


午後の部
130710_152336.jpg

130710_152311.jpg

130710_152411.jpg

夜の部
130710_191211.jpg

130710_191158.jpg

130710_191313.jpg

牡鹿町の小学校からお預かりしていた写真の整理・アルバム作りが
佳境に入り、全員でてんやわんや写真を見ながら整理していきました。
小学校の写真は、誰かにお返しするのではなく、廃校となってしまった
小学校の思い出を展示する部屋にお返しするとのことで、
これまで以上に、歴代校長先生の写真のデジタル修復や、
アルバムの再現をするなど、参加の皆様や事務局デジタル班に
様々な新しい努力をお願いしました。

また陸前高田市からお預かりしている写真の、最終チェック、アルバムの
作成のやり直しなど、こちらはベテランさんが綺麗に仕上げて下さいました。

終わりのミーティングで初めて参加された方が、
「知ったのが遅くて楓への参加は遅く、また最後に
なってしまったが、今後もできる支援をしていきたい」とおっしゃって
下さいました。

あと1日、皆さまのご協力をよろしくお願い致します。

大久保

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。