薬王寺 思い出リターンアクト 楓

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

7月14日(日)活動報告

昨年11月から8ヶ月の間、活動をしてきた楓も今日が最後となりました。

今日も本当に多くの皆さんが参加してくださいました。
午前は14名、午後は25名と最高の参加人数となりました。

解体したアルバムの表紙の仕上げ、校長先生の写真の修復、
アルバム作り、発送の梱包などに取り組んで頂きました。


午前の部
130714_115935.jpg

130714_120000.jpg

130714_120036.jpg


午後は主に撤収作業となりました。道具をそれぞれまとめて
整理していきます。ベテランさんがテキパキとみなさんに指示を
してくださり、また初めて参加された方も快く
取り組んでくださり、スムーズに進みました。

陸前高田市へ返却するダンボールは梱包が終わりましたが、
牡鹿町の小学校へお返しする写真はまだ作業が残っており、
後日発送することになってしまいました(すいません)


午後の部
130714_145230.jpg

130714_145311.jpg

130714_151757.jpg



恒例の、そして最後のミーティング。
遠くから、近くから。また老若男女問わず参加の皆さまから、
感想や想いを伺いました。

「また楓に行きたいと、思っていました」と、ありがたいお言葉も
頂きました。みなさんのお顔を見ていると、これまでの活動の日々が
記憶に蘇ってきます。
これまでに、のべ約790名の方が参加してくださり、約5100枚のお写真を
お返しすることが出来ました。

長きに渡り参加された皆様のご協力、支援を頂いた団体の皆さま、
そして私たちを信じて、大切なお写真を預けて下さった岩手県陸前高田市や
宮城県石巻市牡鹿町の皆さま、本当にありがとうございました。

東北の支援というボランティアを通じて、逆に私たちは
素晴らしい人たちと知り合い、絆を作ることが出来たと思います。

「関わり続けていかないと、人間だから記憶が薄くなってしまう」と、
以前参加された方がおっしゃっていました。

震災から2年と4ヶ月が過ぎましたが、神奈川、鎌倉だけではなく愛知をはじめ
全国の、沢山の人たちが何か力になりたいと思い続けている。
どうか、東北の皆さんに、その想いが届きますよう。
そして、お写真が持ち主の方の手元に帰り、明日への希望へと
つながっていくことを願っております。

皆様のご健勝とご多幸、そしてまた再会出来ること願いをつつ、
これまで本当にありがとうございました。

薬王寺リターンアクト楓 リーダー 大久保 卓勇
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。